雪国秋田から栽培してるベリーのことや子供たちのことを中心に発信しています。

プロフィール 

りょっつぁん

Author:りょっつぁん
雪国秋田で花とベリーを栽培しながらのんびり暮らしてる父ちゃんです。

 

ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!  

にほんブログ村 花ブログ ベリー園芸へ br_decobanner_20110729063914.gif
 

blogram 



ブログランキングならblogram
 

フリーエリア 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ブルーベリーはツツジ科スノキ属に分類される落葉性の果樹で北アメリカが原産地です。


ブルーベリーは大きく分けるとローブッシュブルーベリー・ハイブッシュブルーベリー・ラビットアイブルーベリーの3つの系統があります。



ローブッシュブルーベリー
ワイルドブルーベリーとも呼ばれるブルーベリーでアメリカ北東部からカナダ南東部にかけて自生し、岩や石が突き出したような荒れ地で生育しています。樹高は15~60センチ程度になり、地を這うような樹形になります。
日本ではほとんど栽培されていません。





ハイブッシュブルーベリー
細い根が浅く広がるため高温や乾燥に弱い半面、冬の低温には強く、一般に夏が冷涼な高冷地や東北地方などに適しています。
ハイブッシュ系統はさらに北部(ノーザン)ハイブッシュ、南部(サザン)ハイブッシュ、半樹高(ハーフ)ハイブッシュの3種類に分けられます。

ノーザンハイブッシュ
従来から栽培されているブルーベリーで樹高は1~2m程度
低温要求量(芽の休眠覚醒のために必要な時間)が多く、800~1200時間程度
アメリカ北部の野生種を改良したものでローブッシュとの交雑種もあります。
耐寒性に優れ、果実が大きく品種や食味の優れる品種が多いのが特徴で、日本で一番多く栽培されています。


サザンハイブッシュ
ノーザンハイブッシュより暖かい地域向きの種類です。
冬に暖かい地域でも休眠から覚めやすい性質を持っています。
ほとんどの品種が低温要求量400時間以下で少なく、最低気温が-10℃以下にならない地域が適地です。
アメリカ南部に自生しているハイブッシュブルーベリー(V.corymbosum)とラビットアイブルーベリー(V.virgatum)、常緑樹の
V.darrowiを親とするいわゆるハイブリット種です。そのため、ノーザンハイブッシュに近い品種からラビットアイに近い品種まで品種特性が幅広いのが特徴です。


ハーフハイブッシュ
ノーザンハイブッシュとローブッシュとの交雑種
樹高が1m以下と低く(ノースランドなど一部例外的品種もあります)、冬にすっぽり雪の下に隠れてしまうため凍害を受けずに栽培できます。





ラビットアイブルーベリー
果実が熟する前にウサギの目のように赤くなるのでこのように呼ばれています。
根が深く、比較的夏の高温に耐えられますが、耐寒性が劣るため関東以西の暖地での栽培に適し、樹高は1~3m程度になり、樹勢も強くハイブッシュに比べて土壌を選ばずに栽培できます。
低温要求量は400~800時間程度




それぞれの地域に合った品種を選ぶことが大切ということになります。




と、参考書にはこのように書かれていますが
雪が1~2m積もる我が家では最低気温が-15℃になることもありますがサザンハイブッシュもラビットアイも今のところ問題なく生長しています。営利目的の栽培でない場合はそんなに気にしなくてもいいのかなって感じています。
(ただし、岩手県や青森県などの太平洋側の雪の降らない地域は厳しい品種もあるようです。)



なお、サプリメントでおなじみのビルベリーは、ヨーロッパのブルーベリーとよく似た野生種のことで
スカンジナビア半島から東部ヨーロッパ、アジアの高山地帯に自生しています。
果実は7ミリ前後と小さく、肉質が柔らかく潰れやすいうえに酸味が非常に強く生食されることはほとんどありません。
厳密に言うと、ブルーベリーは<シアノコカス節>でビルベリーは<ミルティルス節>なのでビルベリーはブルーベリーではないということになります。
目にいいからというだけの理由でサプリメントを飲むのではなく、観賞価値も高く食べておいしいブルーベリーを栽培してみましょう(^^)/(ブルーベリー業界のまわし者です(笑))



次回に続く…






関連記事
スポンサーサイト
 
2013/02/21 11:46|未分類TB:0CM:10
ブルーベリーはいいですよね〜
お花はかわいいし、実は美味しいし、
紅葉はきれいだし、虫も付きにくい。
果樹初心者には最適だと思います。
そんなに種類があるなんて知りませんでした。
うちには全部コンテナですが6〜7鉢あります。
すごく葉っぱの小さいものや
ピンクのお花のものなど。
名札が無くなっちゃったので名前はわかりません。
ブルーベリー、本当にお奨めです。 
テト母 #neBNRwLk|2013/02/21(木) 17:39 [ 編集 ]

初めまして。
ブルーベリー・・・うちでも、ラビットアイ系のウッタードとラヒを
一つのプランターに植えて育てています。
2種類を植えたほうが、良いといわれて、ホームセンターを覗いたら、
この2種類だけが売られていたので、購入しました(^-^;
昨年も実がつきましたが、お皿一杯分ぐらいです(笑)
花も実も楽しめて、嬉しいブルーベリー。
こちらで、勉強して、たくさん収穫できるといいです。
これからもよろしくお願いします。 
とっくん #xtc7akX2|2013/02/21(木) 19:00 [ 編集 ]

最後の
>観賞価値も高く・・・
趣味として栽培し、果樹の四季の移り変わりを愛でて
収穫果実を味わえる、まぁ一時の収集癖が落ち着いたとはいえ
私の様な素人でもまともに食べられるようにまで出来るブルーベリーは
良く出来た果樹品種やと思います、
で、次回は何かなぁ!(^^)!

 
ぴん #wOKwV/wA|2013/02/21(木) 19:36 [ 編集 ]

ブルーベリー、最近では、葉をお茶にする品種も出て来ましたね。
くにさと35号でしたっけ。やはりまだまだ利用するところがありますね。
ホームフルーツと考えたら鑑賞面も含めてかなり優秀な果実ですよね。
あと、ラビットアイブルーベリーの学名、(V.ashei)から(V.virgatum)に変わったみたいです。 
てもわさび #F5GdLaOg|2013/02/21(木) 22:21 [ 編集 ]

てもわさびさん

>ブルーベリー、最近では、葉をお茶にする品種も出て来ましたね。
くにさと35号でしたっけ。

そうです、ご指導された國武先生と、佐藤氏の名前を取って、くにさと35号です。

國武先生も面白くて凄い方なのですが、佐藤氏も英語ペラペラのとても頭の良い女性で、若くて知的な色白のべっぴんさんです。現在は、ご結婚されていますが、研究時の姓がそのまま一生、苗の名前として残るなんて素敵なことですよね。

りょっつぁん

さすがです。よく調べましたね~。
ねぇ、りょっつぁん、エバーグリーンブルーベリーって、どんな品種(個体種?)があって、どんな花で、どんな実をならせて、何倍体なのかでしょう???
もし、知っていたら教えて下さい。
これって、日本に流通があるのですかねぇ・・?
日本にあるものなら、実も食べてみたいし、苗も欲しいなぁ。

ぴんさん

>まぁ一時の収集癖が落ち着いた

ええ~っ、どうしたのですか?
 
Reveille #83M5tZdY|2013/02/23(土) 22:57 [ 編集 ]

テト母さん

> ブルーベリーはいいですよね〜
> お花はかわいいし、実は美味しいし、
> 紅葉はきれいだし、虫も付きにくい。
> 果樹初心者には最適だと思います。

おっしゃる通りですね(^^)
うちの周りでも少しずつですが栽培される方が増えてきました。


> そんなに種類があるなんて知りませんでした。
> うちには全部コンテナですが6〜7鉢あります。
> すごく葉っぱの小さいものや
> ピンクのお花のものなど。
> 名札が無くなっちゃったので名前はわかりません。
> ブルーベリー、本当にお奨めです。

名前はわからなくても、大きな実がなるとかとってもおいしいとか
そんな感じで残していけばいいと思います。
品種についてはマニアの方々と生産者の方がわかってれば
それで十分です(^^)v

 
りょっつぁん #-|2013/03/03(日) 09:30 [ 編集 ]

> 初めまして。
> ブルーベリー・・・うちでも、ラビットアイ系のウッタードとラヒを
> 一つのプランターに植えて育てています。
> 2種類を植えたほうが、良いといわれて、ホームセンターを覗いたら、
> この2種類だけが売られていたので、購入しました(^-^;
> 昨年も実がつきましたが、お皿一杯分ぐらいです(笑)

おいしかったですか?
もう少し食べたいなって思いますよね。
そこから徐々に品種の数が増えていって、どっぷりはまってしまったりするんですよね(笑)
そろそろ、ホームセンターにも並び始める時期ですからとっくんさんものぞかれてみては(^^)

> 花も実も楽しめて、嬉しいブルーベリー。
> こちらで、勉強して、たくさん収穫できるといいです。
> これからもよろしくお願いします。

勉強になるようなことが書けるかどうか自信はないですが
こちらこそよろしくお願いいたしますm(__)m 
りょっつぁん #-|2013/03/03(日) 09:36 [ 編集 ]

ぴんさん

> 最後の
> >観賞価値も高く・・・
> 趣味として栽培し、果樹の四季の移り変わりを愛でて
> 収穫果実を味わえる、まぁ一時の収集癖が落ち着いたとはいえ
> 私の様な素人でもまともに食べられるようにまで出来るブルーベリーは
> 良く出来た果樹品種やと思います、

ほかの果樹と違って一年を通して楽しめるがブルーベリーのいいところですよね(^^)
ちなみにぴんさんはすでに素人の域ではないと思いますが^_^;


> で、次回は何かなぁ!(^^)!

お恥ずかしいのであまり期待しないでくださいって^_^; 
りょっつぁん #-|2013/03/03(日) 09:41 [ 編集 ]

てもわさびさん

大変遅くなってしまいました、すみませんでしたm(__)m

> ブルーベリー、最近では、葉をお茶にする品種も出て来ましたね。
> くにさと35号でしたっけ。やはりまだまだ利用するところがありますね。
> ホームフルーツと考えたら鑑賞面も含めてかなり優秀な果実ですよね。


そうですね、もしかしたらたらの木みたいに木そのものもお茶にしたりする方が
現れたりするかもしれないですね。
切り花(切り枝)での出荷用に品種改良している方もいらっしゃるようですので
まだまだ可能性は色々あると思います。



> あと、ラビットアイブルーベリーの学名、(V.ashei)から(V.virgatum)に変わったみたいです。

ご指摘ありがとうございました。
訂正しておきましたm(__)m 
りょっつぁん #-|2013/03/03(日) 09:46 [ 編集 ]

Reveilleさん

> さすがです。よく調べましたね~。

いえいえ、本に書いてあることをまとめてみただけです。
お叱りを受けるか受けないかのギリギリのところで^_^;


> ねぇ、りょっつぁん、エバーグリーンブルーベリーって、どんな品種(個体種?)があって、どんな花で、どんな実をならせて、何倍体なのかでしょう???
> もし、知っていたら教えて下さい。
> これって、日本に流通があるのですかねぇ・・?
> 日本にあるものなら、実も食べてみたいし、苗も欲しいなぁ。


えっと、ひとつ前の記事にも書いたのですが、これから栽培を考えてる方の参考になればと思って
書いてるので、そういうマニアックなコメントにはお答えできません(笑)
それは僕に聞くより、KOHさんとかに聞いた方がお詳しいのではないでしょうか??
僕はただの収集家ですので深いところについては全くの素人です^_^;
エバーグリーンて常緑ってことじゃないのですか?
本にはサンシャインブルーも常緑だって書いてますが
そういうことを求めてるわけじゃないですよね…
やっぱりうちにはムリのあるコメントです^_^; 
りょっつぁん #-|2013/03/03(日) 09:54 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


ご覧いただきありがとうございます。 

写真0685

日々のことや栽培してるベリーのことなどを中心に書いています。 つたないブログですがよろしくお願いします。
※記事中の写真はクリックで大きくなります。

 

カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

アクセスカウンター 

 

ベリーのリンク  

日本ブルーベリー協会

ベリーズライフ

T&F
 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ご連絡はこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

検索フォーム 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。